« テンプレート新緑 | トップページ | 2019ツアースタート »

2019年5月 5日 (日)

沢田研二と阿久悠、その時代

秋山大輔という方の著者を購入、今、読み進めている。

第一章まで読んだ。なかなか面白い。

第二章では、現在のJulieのアルバム評やコンサート評が書かれているようだ。

過去のことだけでなく、今のJulieまで書いているのはとても評価できる。

ただし、第二章を少し読んで驚いた。

憲法の考え方は、Julieと違って改憲派だった。

それでも、Julieへの考察には本気が伝わったので、それはそれでよしと思った。

まだ最後まで読んでいないが、さて最後にはどういう感想になるか楽しみだ。


Julieのライブツアーまであと少し。

風邪をひいて咳が出るのを何とか治して、私の初日大阪フェスに臨みたい。

 

« テンプレート新緑 | トップページ | 2019ツアースタート »