« ゼロになれ | トップページ | 12月、雑感 »

2016年11月28日 (月)

レポ5

レポ5


日本一美しい還暦を迎えた男

LIVE2008 還暦だぞ!! ROCK’N ROLL MARCH 6月25日(水) 渋谷C.C.LEMONホール


おめでとうございます! JULIE!!

なにはさておき、Julieの慶びのこの日に、せめてお祝いの「おめでとう」を言うために行った渋公・C.C.LEMONなのだ。
Julieへ、祝福の気持ちは十分に届いただろうか。
私から贈る気持ちより、Julieからもらった喜びの方が何倍も大きくて、私はまたJulieに甘えてしまった。
ありがとう、Julie。
本当に有り難うございます。
こんな稀有なひとときを魅せてくれて、貴方は天性のスーパースター。

それにしても、なんてかっこいい60歳なのだ!
なんて美しい60歳なのだ!
双眼鏡で見つめながら、心にあふれていた言葉は、「貴方は、日本一美しい還暦を迎えた男!」。
「良ちゃんは還暦を迎えたんだね」、なんて思っていたんです、私。

Julie以上に可愛い60歳がいたら教えて欲しい。いないだろう?
Julie以上に真っ赤が似合う60歳がいたら教えて欲しい。いないだろう?
Julie以上に華やかな60歳がいたら教えて欲しい。いないさ!
まして、Julie以上に色っぽい60歳なんているわけない。
Julie以上に生き生きした60歳がいたら教えて欲しいが、これはもしかしたらいるかもしれない。
でも、Julie以上に歌の素敵な60歳は、いないんじゃない?
3時間、32曲も歌い、最後まで声が素敵な歌手はいない様な気がする。
Julieの歌声はクレッシェンドと以前から思っていたが、最後になってもますます声が出る。艶やかにたっぷりと。
こんな素晴らしい人が他にいたら、その人を心から尊敬するから教えてね。好きにはならないだろうけど。
だって、私の心にJulie以外の人が入る隙間がない。

Julieが真っ赤な衣装で出てきたとき、会場は、一気に沸点に達した。大興奮!
その瞬間を想像しただけで倒れそうだった私だが、本番では倒れている暇はない。
そんなもったいないこと出来ないじゃない。
一瞬でもJulieを見逃したくなくて、全身でJulieを感じようとした。
泣く暇もなかった。私はむしろ笑っていただろう。
細身になった綺麗なJulieと、甘くて繊細で力強くてパワフルな歌声が嬉しくて嬉しくて。
あっと気付いたときに、9時を回っていたから驚いた。
結局3時間のステージ。
日帰りのJ友さんは、途中で抜けたんだろうかと心配した。
翌日のメールで、彼女は、こんなJulieをおいて抜けることが出来ず、新幹線には乗り遅れ、夜行バスで帰ったのだそうだ。
でも、それだけの値打ちがあると、参加できたことを心から喜んでいた。

今日この日に参加できなかった人も、この素敵なJulieを見るチャンスは、これから12月まで半年間ある。
この歓喜を、一人でも多くの人に味わっていただきたいと、心底思う。
歌い込んでステージが馴染んできたら、また違う趣で楽しめるのだろうと、これから先のライブが楽しみでならない。
一切手抜きのないJulieだから、その時その時が一期一会のステージを魅せてくれるはずだ。

還暦のJulieは、グレードアップしたJulieだぞ~




LIVE2008 還暦だぞ!! ROCK’N ROLL MARCH 6月26日(木) 渋谷C.C.LEMONホール

一日経ったら、少しは冷静になれただろう。
もう少し具多的なレポが書けるかな。

席も、2階から1階へ、少しだけJulieに近づいた。私の席から斜め前あたりに、タローやサリーがいた。
二人はどう思いながら、Julieのステージを見ているんだろう。
サリーは、手拍子なんかしながらリラックスして楽しんでいるように見えた。
タローは、じっくり何か考えながら見ているように見えた。
あくまで私の勝手な見方だけど。
ドームで三人のステージはあるのかな、ないのかな。

今回にの衣装は、大満足だ。
一着目の、赤いインディアンハットと赤と金のスーツは大迫力だった。
スーツの下の白いシャツの肩あたりの模様は、今回のプログラムのパッケージに説明してあった図案と一緒のようだ。

Sjuliematuritirasi_3 帰るときにもらったドームのチラシにも同じ図案があった。
亀と鶴のめでたい図案になっている。

6月4日のトークショーの時には、まだ大阪の方が決まっていない様子だったが、今回大阪も決まったことの報告があり、これでいよいよ、ドームまでのツアーの道筋が見えてきた。
いやが上にも興奮しますな。

二着目は、涼しげな水色と黄緑色主体の衣装で、これも良かった。
いつもパンツは変えずに上だけ変えていたけど、今回はお金がかかってると思った。失礼。気合いが入ってると言い換えなきゃ。
下も水色の革パンツ、に見えた。
上着は凝っていた。近くで見ないと分からないだろうという凝りよう。
なんだかひもがぶら下がっていたので、あれを引っ張って、どこかが膨らむんじゃあるまいかとちょっとだけヒヤヒヤした。
あの凝りようはテレビ向きでしょうと思って、気付いた。テレビに出るんだよね、Julie。
今回の衣装を着るよね。細部まで映る。
もっとも、タケジさんの衣装はいつでも凝っている。

アンコールで着てきたピンクのひらひらブラウスと、赤の上着もまたよかった。よく似合っているんだもの。
黒や茶といった渋めの色合いが使われてなくて、とにかく、派手!
それが全く違和感なく似合っているというのが凄い。
派手な衣装は、Julieらしさが際だつ。
めでたい年に、分かりやすく派手な衣装を作ってくれたタケジさんに感謝したい。

還暦Julieは派手!

そうそう、久しぶりに、アクセサリーを身につけたJulieを見た。
左の小指に指輪。
右手に金のブレスレット。
嬉しかった。
それなのに、今回化粧をしていないのだそうだ。
Julieから言われるまで気付かなかったけど、昨日、「Julie日焼けしたのかな、いつもより色が白くない」と思ったのだ。
そうか、化粧をしていないからか。それにしては、やっぱり白い。
照明に映えるためには化粧をした方がいいらしいが、60になったら止めることの一つが化粧だったのだ。
私らにも化粧をしないと楽よと、ノーメイクをすすめた。でもねえ・・・…考えておくわ。

新しいアルバムの曲は、どれもやっぱり良かった。
CDで聴くよりさらに良かったのは、グレースの愛の三部作。
「Beloved」は特にいいと感じた。ギターが素敵。歌も素敵。なぜか、Julieも歌詞を間違えない。
新曲を聴くときは、少し安心できない。間違えそうで。実際、今回もよく間違えた。
その修正の仕方が、もう才能だね。
だけど、26日、自分でも許せない間違いをしたと思ったんだね、Julieってば。
終わった後、珍しく「間違えましたね」と言って、バンドのみんなに謝り、客席に謝っていた。おどけながらね。
「サムライ」を間違えるなんて珍しいことだ。

間違えと言えば、アンコールの時、「あなたに今夜はワインをふりかけ」の始まりが面白かった。
しばらく何もしない時間が流れた。
Julieが「おやっ?」という感じで、タイキさんの所へ行って尋ねていた。
流れを忘れたみたい。
前奏が流れるの待っていたJulieだが、そこはJulieのしゃべりが入るところだった。
こういうライブならではの失敗も、ライブの醍醐味。完全無欠が楽しいわけじゃない。
もう二度と、ここでの間違いはしないよ、Julieは。それを見られてラッキー!
ここは、客席に歌わせていじるところ。地方ではどうするんだろうとワクワクするな。

アンコールは、アンコールといえない第三部という感じの長さだった。
怒濤のヒット曲。
それでも一つ忘れたと、トークショーで言っていたのは、「ダーリング」かな。
でも、私としては、あれもこれも歌ってないと思ってしまう。
来年以降のお楽しみだね。

32曲聴いて、座ったのは、衣装替えの時だけ。
朝方、ベッドで足が3回もつった。ローヒールなのに。スニーカーにしなきゃいけないかな、ドーム。
だから二日目は、靴を脱いで裸足で立った。
娘に言ったら、ライブの時に靴を履き替えればと言うんだけど、荷物になるなあ。どうしよう。
昨日は、終わった後腰も痛かったんだ。

還暦ライブは、体力勝負ダー

座ればいいんだけど、立ちたいんだから仕方ない。そのような身体を作ろう。元気でいよう。
結局、元気をもらっているわけだ。
ドームに向けて体力作りダー!

Julieも、かなりどころではなく本気です!
だって、ドームまで禁酒するって言ったんだよ!
還暦で止めること。
一つは、仕事で車に乗らない。
二つ目は、化粧を止める。
三つ目は、飽食を止めるだって。残す勇気を持つ。これは以前にも聴いた気がするが、今度は本腰の模様。
本当はお酒と言えばいいんだけど、「お酒を私は止められない」と。その代わり、ドームまでは禁酒。
ドームまでって半年もあるのに。
やると言ったら必ずやる頑固なJulieだから、やるんだろうなあ。
飽食とお酒を止めて、Julieの身体はどう変わるのか。
待っていた時がきた予感。
いくらファンや色々な人に言われてもやせようとしなかったJulieが、自分で飽食を止めると思ったら、これは本物だ。
絶対やせるよね。
今回も自分で「やせた」と言った。
もうやせ始めてるけど、もう少しやせるよ。どうしよう。やせすぎないでねと思ってしまう。
今くらいでいいんだけど。
私がごちゃごちゃ言っても仕方ない。

Julieは我が道を行く

私は、これでレポしているんだろうか。
言いたいことを言っただけのレポ。今回はこれで終了。
また言いたくなったら、「ひとりごと」で書き足そう。疲れた~

« ゼロになれ | トップページ | 12月、雑感 »