« 広島ライブ続き 新曲 | トップページ | 福岡ライブの準備 »

2015年9月 8日 (火)

広島ライブ終わり

新曲が終わって、長く頭を下げていたJulieだったが、始まった曲はとても軽やかな曲。

15曲目「ウィンクでさよなら」
さあ、お楽しみはこれからだという加瀬さんの声が聞こえてきそうな、そんなノリのいい曲に、会場はあっという間に、再び加瀬ワールドに。
「アイラビュ~」を公平にあっちこっちでやったけど、私ら側の時、あっという間に立ち上がってあっちへ行っちゃったから笑ってしまった。
ウィンクを左右交互にやったような気がする。

16曲目「バイバイジェラシー」
わあ~、嬉しい。初めて聴く~
なんて楽しいんだ。Julie軽やか~張り切ってる~
Julieの手に合わせて手を振った。
遠慮していたけど、とうとう、「ジュリー」と叫んでしまったのはここだったかな。

17曲目「甘いたわむれ」
これも初めて聴くようなもの。
指笛はこれだったかな。
足がつりそうになったのはこの辺りだったかな。記憶が…
途中から靴を脱いで参戦!

18曲目「恋のバッドチューニング」
これも楽しい。
ビデオ映像に残っている超絶綺麗なJulieが目に浮かぶ。

19曲目「ねじれた祈り」
正月ライブに続いて聴けた。
何しろカッコイイ曲だ。
正月のすごかったJulieを思い出す。
最後の激しい動きは手でやっていた。
疲れちゃったかな。

20曲目「きわどい季節」
ロックな後のバラードは定番だが、やはりじっくり聴かせる。
こうして、私は好きな曲が増える。

本編終了。

MCは長くなかった。
加瀬さんの思い出を語った。
加瀬さんと早川さんとJulieの3人でいろんな話をした。
写真撮影が長くてその時のこと。
今はなぜしないか見たら分かるでしょで笑い。
隣のJ友さんが、いやいや今でも大丈夫と言っているのが聞こえた。

加瀬さんは自殺したと言われているけれど、僕は事故じゃないかと思うと言っていた。
いろんな方面で問題があるかもしれないから忘れてくださいと言ったけど、鈍い私は、何が問題になるのか分からなかった。
でも、自死は加瀬さんらしくない、事故という方が私も納得できる。

「おまけですう~」でアンコール。

21曲目「TOKIO」
何度となく聴く曲だが、何度聴いてもいい。
Julieに素晴らしい曲をありがとうとまた加瀬さんに感謝。
間奏で片足立ちをずっとしていた。
バランスを崩しそうになりながらも、立ち直って最後まで続けた。
やっぱりJulieは体育会系。
足がつりそうになる私には出来ないことだ。

22曲目「気になるおまえ」
これも何度となく聴いたが、何度聴いてもいい曲。
加瀬さん、本当に、素晴らしい曲をこんなにたくさんJulieに残してくれてありがとう。
体力のない私は、途中で上下運動する手をこっそり変えた。

23曲目「海に向けて」
加瀬さんの作曲にこんな別れの詞を書いたJulie。
でも、きっとすぐに逢おうと歌う。
加瀬さんを想って歌っているのがわかる。

こうして、深い余韻を残して、素晴らしいライブは終了した。
いつも素晴らしいと思う。
いつも最高と思う。
でも、やっぱり思うんだよ。
この広島でのライブは最高だった。最高に素晴らしかったと。

お付き合い下さったJ友さん達、ありがとう。
よく広島まで来て下さいました。
次は神戸。
またJulieやJ友さん達に会えることの幸せをかみしめる。

« 広島ライブ続き 新曲 | トップページ | 福岡ライブの準備 »