« Julieに真珠 | トップページ | 神戸ライブ »

2015年9月21日 (月)

明日は神戸

今日は河内長野だが、私の頭は神戸のみ。
まあ、当たり前かな。

セトリCDを聴いたり、そこから、昔のレコードジャケットや写真を眺めているのだが、ふと、昔を懐かしんでばかりだなと思った。

日本の現実は、危うい方向に大転換をしようとしているというか、すでに舵は切られたみたいに見えるのだが、私は、うっとり、若く美しいJulieを眺めている。

ちょっといけんのじゃないかな。

せめてJulieに逢うときには夢を見させてという願いは、多くのファンが抱いている感情だ。
でも、Julieはファンの望み通りには動いてくれなくて、心が離れる人もいる。

しかし、今回は夢の世界をたっぷり見させてくれている。

きっと、Julieは思いを封印していると思う。
加瀬さんの供養のために、楽しくやろうと。
新曲の時だけ現実が現れて、そこだけとても異質だ。
でも、Julieの気持ちは新曲の方にある。
ただ、加瀬さんへの愛が強いから、そこだけにとどめている。

やると決めたらやり抜くJulieだから、今年のライブはこのまま進んでいくだろう。

でも、来年は元に戻ると思う。
選曲もMCも。
それが、Julieの現実だから。

現実の危うさ、怖さを思えば、夢の世界に浸ってばかりいられない。

明日の神戸、私の気持ちは中途半端になりそうだ。
困ったな。


そうか!
Julieと一緒に、加瀬さんの供養に徹すればいいんだ。
夢の世界に浸るというより、加瀬さんを想い、加瀬さんに感謝し、加瀬さんの曲を楽しむ。

気持ちの整理できました!

加瀬さん、Julieと一緒に待っててね

« Julieに真珠 | トップページ | 神戸ライブ »