« 6番目のユ・ウ・ウ・ツ | トップページ | 睡蓮 »

2015年6月 3日 (水)

散りゆく青春

オリックスに3連勝したとき、これが上手く続くほどカープは強くないと思っていたが、案の定、昨夜、マエケンで星を落とした。

痛い、痛すぎる。

マエケンは、投手としても打者としてもほれぼれするアスリートぶりだったし、4対1になった時、今日は勝ったと思ったものだ。

ああ、それなのに…

カープの弱点、中継ぎ抑えの投手が打たれた。

抑えの中﨑君、22歳。その後出てきた戸田君、21歳。
この二人を思うと、『散りゆく青春』の哀しいメロディが浮かんだ。

マエケンは、「僕も失敗を糧にして成長してきた」と二人をかばった。

よし、歌を変えよう。 『友情』だ。

どうも、タイガースの歌ばかり浮かぶのは、彼らが若いせいだろうか。

今日の先発は、大瀬良君。
大瀬良君には、この歌を贈ろう。

『お前なら』

おれは信じる
おまえの未来を
おまえは持ってる
勇気と力を

恐れることは何もない
おまえの信じたようにやれよ


Julieの歌を聴きながら、カープの選手たちを考える。
なんだか、すごくシアワセかも。

Julieの声は、艶っぽくて、ほんとに癒しだわ。
心が潤っていく。

« 6番目のユ・ウ・ウ・ツ | トップページ | 睡蓮 »