« 記念日 | トップページ | 限界臨界 »

2015年3月23日 (月)

桜前線

春の日差しが気持ちを暖かくさせてくれる午後。

ふと桜前線が気になり検索した。

バックの音楽は「こっちの水苦いぞ」なので、決して明るくはないのだけど、むしろずっしり重いのだけど、ずっと聴いていたら、反動なのか何か明るいものが欲しくなった。
それに春の明るい日差しが後押しして、桜前線という思いになったみたいだ。

「こっちの水苦いぞ」を聴きながら桜前線。

Sakura2015 

Sakura

昨年の「櫻舗道」をすぐに思い出して聴くことにした。
「こっちの水苦いぞ」からチェンジ。

悲しい曲だけれど、青い空と美しい桜を想像するから明るさの中の哀しみ。
これに対応というのはおかしいが、「泣きべそなブラッド・ムーン」が桜に対しての月かなと感じた。

「爛漫桜」に対する「ブラッドムーン」。
Julieはちゃんと、美しいものを入れてくれていたと気づいた。
美しいものは余計悲しみをますけれど。

今度は「泣きべそなブラッド・ムーン」を聴く。

精霊、晴れた東の空、静かな皆既月食、花束、道ばたの花…

この後の曲が、美しいものも何もかも焼き尽くす地獄の津波火災の歌なのが辛い。

« 記念日 | トップページ | 限界臨界 »