« こっちの水苦いぞ | トップページ | トルコ・インド »

2015年3月13日 (金)

「なおざり」と「おざなり」

等閑(なおざり)
物事を軽くみて、いいかげんに扱うこと。いい加減にしたまま、放っておくこと。

御座なり(おざなり)
その場だけ、取り繕って済ませること。その場逃れのいい加減な言動。

【誰のため 等閑な再稼働 桜島と川内断層】という歌詞の意味がよく分かった。

近くに桜島火山や川内断層があるというのに、軽くみていい加減に放っておいて川内原発を再稼働するのは誰のためだと言うのだ。

ああ~恐ろしい。

【金のために 御座なり基準合格 経団連政治献金】
これはそののままの意味だ。
おざなりの基準合格。すごくすごくわかる。
再稼働ありきの上での基準合格なんだもの。

う~ん、腹が立つ。

しかし、勉強になりますわ、Julieの歌詞。
少しは関心を持って勉強しろと、Julieは言いたいのかもしれないね。

苦い水を飲まされるのは国民だから。

« こっちの水苦いぞ | トップページ | トルコ・インド »