« 大阪2daysが終わった | トップページ | 2015正月ライブ「昭和90年のVOICE∞」2「ねじれた祈り」 »

2015年1月18日 (日)

2015正月ライブ「昭和90年のVOICE∞」1「嘆きの天使」

1月15日(木)。席は16列上手端。

2015syogatu1 Julieの1着目の衣装。

150117_130936 J友さんの新作人形。可愛い

大阪1日目は、歌声にひたすら感動をした。

特筆すべきは、「嘆きの天使」。
あのVOICEをどう言葉で言ったらよいかずっと考えている。

慟哭の歌声。それは、感情過多のひとりよがりの歌い方ではない。
声が綺麗で、情が深くて、言葉が私の心奥深くまで染み込んでくる。そんな歌い方。

この歌の元となった出来事があるのだけれど、それはもう関係がなくて、聴く人一人一人に自分のこととして受け止めさせる力があるというような感じがした。

冷静にただ歌として聴くことはできないというか、それは、これだけではなくてどの歌にも言えるのだが、Julieの歌う世界にどっぷり引き込まれていた。
すべての歌が人事ではなく、自分のこととして聴いていた。

だからか、歌声は唯一無二なのに、Julieが歌う歌には普遍性があるような気がした。

一言で言えば、とても素晴らしい歌声。魂揺さぶられる歌。
これだけでは物足りなくて、ぐだぐだ考えてしまった。

「嘆きの天使」の後歌われた「ひかり」。
これがまたすごく良かった。

« 大阪2daysが終わった | トップページ | 2015正月ライブ「昭和90年のVOICE∞」2「ねじれた祈り」 »