« 明日はいよいよファイナル東京フォーラム | トップページ | ファイナル2 »

2014年11月 3日 (月)

生Julieの生歌、生心

ファイナルのMC前まで、Julieの歌の素晴らしさと66才の美しさに魅せられて幸せだった。
それをすぐに書こうと決めていたが、MCで生々しいJulieの心に触れたからには、まず、それを書かねばと思う。

こんなに本音をファンの前にさらすスタ−はいないだろうと思いながら聞いていた。

Julieが立腹したのは一部の人たちで、その他の人々には謝ってくれた。

残念なことに、Julieの嫌がることをファンの名のもとにする人たちがしたことが具体的に分からない。
あの会場では、私語をするなと言うJulieの願いを意に介さず、声をあげ続ける人たちがいたことは分かった。
それしか分からず、多くの人の頭の中は「?」が点っただろう。
でも、Julieを不快にさせたものがあったのは事実。それが悲しい。

きっと、幾人かの人は、Julieを批判するだろう。それも悲しい。

でも、多くのファンは大丈夫だと思う。

これまでも、ずっと、Julieはファンに媚びないし、誤解を恐れずファンの前で心をさらしてきたのだから。

今日のJulieの言葉を一言ずつ吟味する必要はないと思う。
Julieを不快にさせたものがあったこと。
それを私たちの前で伝えたこと。
Julieは歌の力を信じていること。
それさえ分かればいいのではないかと思った。

これが今の私の気持ちだ。

« 明日はいよいよファイナル東京フォーラム | トップページ | ファイナル2 »