« 南相馬ライブ4 熱度 | トップページ | 次は札幌 »

2014年10月13日 (月)

ジュリー歌声を堪能

地元新聞の声の欄に、ライブに行った方の投稿があった。
48才の主婦の方だ。
抜粋させていただく。


先月の話になるが、誘われて沢田研二さんの広島でのコンサートに行った。
「ジュリー」だ。

独特な歌声、すてきな容姿。子どもの頃、いつもテレビで目にしていた。
現在のジュリーは66才。髪は白く、生やしたあごひげも白い。
そして、体形がかなり立派になっていた。
なんとなくカーネル・サンダーに見える。

広いステージ上でスポットライトとともに歌声が響き始め、一瞬でジュリーの世界に引き込まれた。
昔、テレビで聞いていた懐かしい声だ。
25曲以上を歌い続け、走ったり跳んだりしても息切れしない。

休憩もなく、歌う声にも疲れが感じられない。
アンコール前の20分間はトークで楽しませてくれた。
プロのすごさに感動した。
まるでおもてなしを受けた気分だ。

私の甥も音楽をしている。
ぜひプロの姿勢を見習ってほしいと思う。

元気に歌い続けるジュリーに、来年も会いに行こう。


Julieの新曲など、メセージの込められた歌の感想はないけれど、たぶん初めて行ったライブで、また来年も行こうと思われたことが嬉しかった。

« 南相馬ライブ4 熱度 | トップページ | 次は札幌 »