« Julieしりとり曲集 30 | トップページ | Julieしりとり曲集 31 続き »

2014年5月13日 (火)

Julieしりとり曲集 31

まず曲目を見て、だんだんマニアックになってきたぞと思った。

398. 未来地図
399. 捨てないで
400. デビューは悪女として
401. TELL EVERYONE
402. ELENOR RIGBY
403. ビロードの風
404. 世紀の片恋
405. 恋は邪魔もの
406. 野バラの誓い
407. IMAJIN
408. EVERYBODY NEED SOMEBODY
409. You're My Life
410. プライド
411. 時が窓を開けて
412. TELL ME

5曲目まで聴いて一休み。
中身が濃いんだもの。

「捨てないで」は、1972年の日生リサイタル「JulieⅤ」から。
Julieのヴォーカリストとしての才能。歌にどこまでも気持ちを込められるという才能を感じた。

「デビューは悪女として」があまりに素敵な声なので、調べたら、「灰とダイヤモンド」のB面だった。
あの頃からの声は、ますます磨きがかかって魅惑的だ。

「TELL EVERYONE」は、「テル・エヴリワン」。
1971年のリサイタル「JulieⅢ」の中の曲。上手い!若いJulieの歌唱力に今頃気付くバカなファン。

「ELENOR RIGBY」は「エリナー・リグビー」。ビートルズのカバー。
シローがとてもいい声で歌っている。シローの中で一番好きかもしれないと思った。
聴き惚れた。
これはどこにあるのだろう。
私の検索結果だと、ここにある。

51jqje93z2l

2000年発売、12枚組の「TIGERS PERFECT CD BOX MILLENNIUM EDITION」の11枚目「レジェンド・オブ・ザ・タイガース」の中のビートルズメドレーにある。
また、レジェンドだと思った。

調べるのに疲れたからここで終了。
なんだかタイガースも若いJulieも凄いわ。

« Julieしりとり曲集 30 | トップページ | Julieしりとり曲集 31 続き »