« Julieしりとり曲集 23 | トップページ | ローリング・ストーンズのカバー曲 »

2014年4月 9日 (水)

Julieしりとり曲集 24

今日は、オットが実家に帰ったのでのんびりした。
亭主元気で留守がいい。これ名言。

ということで、ゆっくりした気分でJulieを聴いた。

「Julieしりとり曲集 24」は、前回と違って、若い声で始まった。

303. ブルーベリー・ヒル
304. ルビー・チューズデイ
305. 居酒屋ブルース
306. スール・アヴェク・マ・ミュージック

タイトルを見て、これは何だ?と思ったが、聴けば分かる。フランス語の歌だ。

307. 黒くぬれ
308. レット・イット・ビー

ローリング・ストーンズやビートルズのカバー曲が続く。すごくイイ
「レット・イット・ビー」は終わりに、「井上堯之」「大野克夫」と紹介をしている声が入っている。
これは、76年辺りの貴重な音源ではなかろうか。

309. ビー・マイ・ブラザー、ビー・マイ・フレンド

比叡山フリーコンサートの1曲目。
英語だけどカバー曲ではない。
作詞 テリー・シガノス、作曲 ミッキー吉野。作詞の方は知らない。

310. DOWN
311. ニューヨーク炭鉱の悲劇

ビージーズのカバー。リードボーカルはトッポ。Julieのコーラスする声が聞こえる。
この歌は大好きだった。

312. きわどい季節
313. 強いHEART
314. 透明な孔雀
315. くわえ煙草にて

おまけのトラック。これを聴いたとき得をした気分になったな。Julieの素を垣間見た思いがして。

316. 天使の噂

これもカバー曲。
ACT「ニーノ・ロータ」から。
ACT全集はどれも素晴らしい声だが、私は特にこの時の声が一番だと思う。
ビロードの声だと思ったものだ。

今回はカバー曲が多くて楽しめた。
次はどんな曲が出てくるだろう。
しりとり曲集は面白い。

« Julieしりとり曲集 23 | トップページ | ローリング・ストーンズのカバー曲 »