« 大阪フェス2回目終了 | トップページ | 緑色の部屋 »

2014年2月 2日 (日)

「F.A.P.P.」で思ったこと

アンコールの8曲はずっと楽しいのだけど、「F.A.P.P.」だけは雰囲気が違う。

みなさん、あまり動かず聴き入っているという感じだ。

これは、この歌が提起する問題に真面目な気持ちで対峙しているからだろうか。
リズムに乗って楽しむ曲ではないというような感じなのだろうか。
もっとストレートにこの曲が好きではないとか?

でも、私は、手拍子をしてリズムに乗って音楽を楽しんだ。
そして、思っていた。

みんな、その他の曲と同じように手拍子をして楽しめばいいのに。
大きな問題は提示しているけれど、それはそれ、リズムはとても楽しいじゃないですかと。

後ろの男性ファンは、声を出してJulieと一緒に歌っていらした。
私はいいなあと思った。
会場の多くの人が、リズムに乗り、「バイバイ原発!」と歌ったら痛快だろうなと思った。
私は、小さく声を出して歌った。

もし会場がそうなったら、きっと、Julieは密かに喜ぶだろう。

この後の「危険なふたり」になった時に、会場は一気に盛り上がって、その違いがより明瞭になった。
ちょっと、「F.A.P.P.」が可愛そうになった私だった。

« 大阪フェス2回目終了 | トップページ | 緑色の部屋 »