« 大阪フェスのチケット | トップページ | 今聴いているもの »

2014年1月15日 (水)

柴山和彦作曲集

最後は柴山さん。

柴山さんの印象は“ギタリスト”に尽きるので、作曲もするんだと少し驚いた。

でも、それまでも、Julieのボーカルのないインストルメンタル曲を作っていたのよね。(自信はないけれど)
少し前までは、前半が終わってJulieが衣装替えのために引っ込んだ時に、ずっと演奏してくれていた。
印象的なのは、ジュリワンの時の鉄人バンド3名(確か下山さんが病気でいなかった)のインスト。カッコよかった。
あれは柴山さんの作曲と聞いているけど、間違ってないかな。
あれがなくなって、少し寂しい気がする。

やっぱり、楽器を演奏できる人は、作曲もできるのね。

さて、柴山さんの、Julieが歌う作曲集。

01 天使に涙は似合わない 【生きてたらシアワセ】
02 やわらかな後悔 【ROCK'N ROLL MARCH】
03 Smash the Rock 【pleasure pleasure】
04 若者よ 【涙色の空】
05 F.A.P.P 【3月8日の雲】
06 Fridays Voice 【Pray】

最近の2曲に、Julieは、原発をテーマに詞を書いた。
柴山さんの曲に、Julieは最も重いテーマをぶつけてきた。
Julieから、テーマについて前もって話はあるのだろうか。

私は、「Fridays Voice」が特に素敵だと思う。

こうして鉄人バンドの作曲を集めてみて、「生きてたらシアワセ」から、4人がそろって作曲を始めていると分かった。
2011年はJulieのCD発売がなかったから、その年以外ずっと続いて、今年もそうなるなら、7回目だ。
柴山さんの曲数と同じ。

今年も、きっと、鉄人バンドの作曲を聴くことができるだろう。

« 大阪フェスのチケット | トップページ | 今聴いているもの »