« ひとりぼっちのバラード | トップページ | くたびれた »

2014年1月 4日 (土)

ザ・タイガース フォーエヴァーDISC.2

家に帰って夜気付いた。
私はまだ、「ザ・タイガース フォーエヴァー」を全部観ていない。

これは観なくては。今夜は、「ビューティフルコンサート」。
また、タイガースに戻って鑑賞会だ。

カラーの映像がきれい!
DISC.1でも映像がきれいなことに感動したが、これまたきれい。
しかもカラーだ。いちだんとタイガースがきれい。
Julieが格別にきれい。

ピーの「ヘンリー8世君」がせつないけれど、「ザ・タイガース2013」で歌った明るい「ヘンリー8世君」で救われた。
シローの「ラレーニア」もせつない。シロー元気になってね。東京ドームで「イエスタディ」を歌って本当によかった。
タローがオルガンを弾いているのがはっきり映っている。タロー黙って凛々しく大活躍。
このとき、Julieはギターなんだ。もっとはっきり映っていればいいのに。

次の「ヘイ・ジュテーム」から「ハートブレイカー」までの3曲。
コロシアムの映像にもあった3曲だが、カラーの映像で観ると、Julieの圧倒的な、ひとことでいえば「美」に今更ながら驚く。
しなやかで、美しく、傷ついた野獣のよう。
カメラワークがすごい。なめるようにJulieを撮っている。

いや知っているんだけど。観たことはあるのだけど。
この映像は凄い。よかった。これを出してくれて。

あの時の武道館の涙は、晴れやかな笑顔に変わった。こんな大団円はないわ。
タイガースは完結したのだ。感無量。

悲しい思い出は棄ててください→好きなところをお持ち帰り下さい
Julieって、その時その時がバラバラではなくて続いて行く人なのね。凄い人。

« ひとりぼっちのバラード | トップページ | くたびれた »