« 永遠のゼロ | トップページ | 今日は札幌だったけれど »

2013年12月21日 (土)

あっという間に、残り2会場となってしまった。

京セラのタイガースを観て、私は、心から、タイガースが素晴らしいバンドだったのだと認識した。

そこにJulieという稀有な人がいるせいだと、以前は思っていた。
でも、今は分かる。
あの5人が集まったことの奇跡を。

5人の個性がばっちりとかみ合ったときのタイガースの魅力は尋常ではない。
デビューとほぼ同時に人気が爆発したわけが分かった。

あの5人は、1+1+1+1+1=5ではなくて、1+1+1+1+1=∞だったと言ったら大げさすぎるかしら。

でも、私はそう思ったのだ。
今頃だけど。私はいつも気付くのが遅い。

遅くても、その無限大の輝きを魅せてもらえて、タイガースファンは本当に幸せだと思う。

« 永遠のゼロ | トップページ | 今日は札幌だったけれど »