« 今回の席 | トップページ | セットリスト »

2013年12月 5日 (木)

Julieの言葉

Julieの言葉が、一つ一つキラキラしていた。

「今日は、一生懸命やります」

あまりにまっすぐな言葉に胸がきゅんとした。

これ以外何があるのか。
プロだから、人を感動させるプレー、技術等いろいろ必要だが、それ以上に気持ちが前面に出た武道館だった。
それが、Julieの言葉に表れている。

まるで、デビューしたばかりの若者のような初々しさではないか。

緊張をかくせないピーやタロー。
楽しくてたまらないという風情のトッポ。
Julieいわく、「重し」のサリーは、その言葉通り、いるだけで、みんなを安心させていた。

Julieについてなにをか言わん。
Julieは、18才の少年だった。

ちなみに私も少女に返っていた。

« 今回の席 | トップページ | セットリスト »