« Julie年賀 | トップページ | 朝日新聞書評 »

2013年11月23日 (土)

ザ・タイガース 世界はボクらを待っていた

密林さんから、指定通り午前に届いた。

さっそく読み始めた。
途中で、友だちと会う約束だったので中断したが、帰ってきて続きを読んだ。

今日は他に予定がなく、オットはいないし、読む時間が確保できた。
だから、最後まで読むことができた。

結論から言うと、素晴らしい本だった。
私はこういう本を待っていた。

これまでも、タイガースについて語った記事は幾つも読んできた。
表面的だったり、部分的だったり、偏見に満ちていたり、満足できたことはなかった。

これは違う。
私はとても満足できた。
タイガース前から解散までの5年間を、実に緻密に分析している。
かなり真実に迫ることができていると感じる。

嬉しい。

タイガースの本当を知りたかった。
私が大好きだったタイガースの本当の姿を知りたかった。
そして、読後の今、やっぱりタイガースは凄かったのだと思えるのが嬉しい。
メンバーの一人一人が愛おしい。
タイガースが大好きだ

« Julie年賀 | トップページ | 朝日新聞書評 »