« 大阪フェスファイナル7 | トップページ | キター! »

2013年11月14日 (木)

大阪フェスファイナル終わり

たった今、最後まで書きかけて、何かの拍子で記事が全て消えてしまった。
私は今何をしたのだろう。ああ~

気を取り直して再度書くわ。

アンコール3曲。

1曲目「あなたへの愛を」。
毎度毎度終わりのお芝居を真面目に(?)やったJulie。
フェスは袖まで行かないうちに前奏が始まった。
そういえば、最初7月のフェスでやったかしら、このお芝居。
いいえ、していないと思う。どこから始めたんだろうね。

2曲目「ヤマトより愛をこめて」。
最後だと思うと、高槻のことが思い出された。
MCで、Julieはあの時私達が2曲損をしたと言ったけど、とんでもない、その逆だった。
間奏で拍手が起こった。いつもこうだったっけ?
間奏の拍手はよかったが、最後の拍手は若干早すぎた。
もう少し余韻を味わって拍手して欲しかった。

3曲目「さよならを待たせて」。
今回この曲が、特に強く心に残った。
最後の最後だという思いが私にあったからだろうか。
それもあるけど、Julieの歌唱が素晴らしかったからだ。
このツアー最後の歌だというJulieの想いが、歌に表れて、私を感動させたと思う。

終わってしまった。
でも、ファイナルだから、私達はこれ以上を期待して拍手を止めない。

Julieは、最高のよれよれポーズ(?)で倒れそうになりながら出てきた。
そして、帰れ帰れと手を振る。
そんなJulieが嬉しくて帰るわけがない。
Julieも帰るわけないかと言って、3本締めをしてくれた。
これは初めてだ。
2008年の京セラドームで最後にしようと思ったが、案外みんながあっさり帰ったのでできなかったと言っていたよね。

関東は1本締め。関西は3本締めというのが常識ですか?私は知らないけれど。

とにかくこれで本当に締め。
最後はドリフのカトちゃんみたいに、「○○するなよ」を幾つか繰り返して、覚えているのは、「足を踏むなよ」「踏んだら謝れよ」というJulieらしい言葉だった。

ありがとうJulie。
次が待っているとはいえ、ソロツアーを完走してくれてありがとう。
Julieは私の誇りです。

« 大阪フェスファイナル7 | トップページ | キター! »