« 城陽速報 | トップページ | 「そっとくちづけを」を聴いていて思ったこと »

2013年10月14日 (月)

城陽続報

J友さんから続報が届いた。
うれしいありがとうね

城陽は梅が名産なんでしょうか。
ホールの名前にプラム、床も梅花模様のカーペットでした。

客席の壁面が、斑が入った青緑の石張りで(帰りに触ってみましたが、本物の石か石柄のタイルか判別できず)、ジュリーの姿を鏡のように映していました

声は全体的に掠れがちで、歌詞がひっかかるところも
「TOKIO」では名作詞が飛び出しました。
♪カーカカカカカカカABC♪(奇跡を生み出すスーパーシティ、のところ)
のちのMCで♪いろはにかきくけABC♪とさらに変化させたあげく、「糸井さんに申し訳ない」

でも、終始テンション高かったです

MCでは、タイガースから始まる芸能生活のプチヒストリーを。

ソロはフルバンドじゃイヤだ、「危険なふたり」がA面じゃなきゃイヤだ、とごねた話から、
「昔からごねるのは大の得意
 父親にも子供の頃、『おまえの背中にはとりもちがついとる』と。
 京都大丸のおもちゃ売場で『うわあああー 』って(←寝っ転がりはしないけれど、実演)」

「かっこいい頃の(自分の)映像を観ることがあるけど、同次元じゃない。
 あれは二次元。
 皆さんがうらやましい。そっち(客席)から同次元で観たかった」

同次元で観たい、の話から
「ファニーズの頃、バンド合戦かなんかで、3組くらい出た。
 『リードタンバリンやるー!』と言ったけど、『いらん』て言われた
 客席から観ると、4人ともほんと、かっこいいの」

地元に近い会場だと、幼い頃を思い出すんでしょうか。
去年のびわ湖では泳ぎに連れて来てもらった話、長岡京では肥たごに落ちたと濡れ衣を着せられている話でしたね

「ありがとうございます」のイントネーションも京風でした。

東京ドーム公演の“デーブイデー”は“お手頃価格”で「すべてを(!)包み隠さず(!)収録」するそうです。

しかしジュリー…“デーブイデー”と連呼するたび、(!)と強調するたび、お腹を突き出すのはおやめなさい…(母心

« 城陽速報 | トップページ | 「そっとくちづけを」を聴いていて思ったこと »