« 広島4 | トップページ | 広島6(終わり) »

2013年9月22日 (日)

広島5

MCも快調だった。

いつものようにほとんど忘れているが、いくつか印象的な言葉があった。

「昔若いころ素敵だったんです」と3度も言った。
一度に3回繰り返したのではなくて、話の流れの中で3回も言ったのだ。
自分で3度目ですがと言って、最後には、置いときましょうという感じで笑っていた。
これは、今でも素敵だったら世間の反感を買うということを言うために言ったのだ。
そして、一生素敵であるわけがないと力説した。

面白いと思ったのは、7年後2020年は東京オリンピックですよ~と話しかけても、会場は静かだったこと。
Julieも予想外だったのか、「みなさんあんまり関係ございませんか?」と言った。
広島人にとっては(そうでない人もいるけど)、わあ~と盛り上がる話題ではなかったみたい。
そのオリンピック、大嘘をついて当たったと言った時は拍手が起きたわ。

「何才まで歌えるでしょう」と、Julieが身体の老化を話そうとした時、「70才まで!」と大きな声が響いて会場に笑いが起こった。
70才じゃ短いでしょう、オリンピックまで7年よ。
そのさらに5年後の77才までは歌う気持ちでJulieはいるのに、 欲がないお方と私は思った。
せめて80才までと言って欲しかったわ。
おしい広島県(広島県のキャッチコピー)

それで、耳が聞こえなくなったら歌えないという話で、モニターも置かない、ましてやイヤホンなんてしない。
「聞こえても聞こえなくても信じて歌うしかない」と言ったのが心に残った。

タイガースの話は最近録音したオールナイトニッポンのこと。
Julieが進行役だそうだ。それは嬉しいと思った。Julieの声をたくさん聞けるということだものね。
その時のトッポの真似をするのが面白かった。うまいんだもの。
それで、ライブ後の食事の話で、予約しておかなければろくなものが食べられないと言って、食べ物は大事、歌うことより大事と、とんでもないことを言ったのよ。
ステージの後ろまで下がって、「失礼なことを言いました。歌ことが一番大事。そのために食べることが大事」と慌てて言い直した。
冗談だけど、ちょっと本気だったりしてと思ったのはJulieに内緒。

最後は、「本日のみじか~い挨拶を終わります」と言ってみんなを笑わせた。

そうそう、来年の音楽劇、たぶん広島アステールの小ホールであると言ったので嬉しかった。


たぶん次で終わり

« 広島4 | トップページ | 広島6(終わり) »