« 9月のライブが終わる | トップページ | 今日から10月 »

2013年9月30日 (月)

「幸福のスイッチ」鑑賞

録画しておいた「幸福のスイッチ」を鑑賞した。
DVD持っているんだけどね、やっぱり放送があるとなると録画してしまうんだ。

改めて、じんわりといい映画だった。

Siawasenosuitti


2006年の映画で、撮影時は、Julie57才だった。撮影は春だったから。

06suitti_2

もてないと思いきや、けっこうもてるおやじ、イナデン社長。
Julieならすんなり納得の設定。

確か、主演男優賞をもらったよね。

検索中

2007年 第16回日本映画批評家大賞の主演男優賞をもらっている。

安田真奈監督のブログからちょいとコピーを。

単館系映画、しかも新人監督の地味なオリジナル作品に、あのジュリーが出演なんて、業界的にはミラクルです。プロデューサー陣からダメモトで脚本を渡して読んでいただいたら、気に入ってくださったとのこと。大変有難いことです。
当作品で第16回日本映画批評家大賞主演男優賞を受賞されました。

現場での沢田さんは、気さくで、紳士的で、スタッフ一同あらためて大ファンに。のべ25日ほどの撮影日程中、5日間だけ参加いただきました。スケジュールがタイトだったので、1軒のお宅で数軒分の修理シーンを撮ったりして、なんとか消化しました。沢田さんにも、プロデューサー陣にも、スタッフの皆さんの努力にも感謝!

そうそう、撮影はわずか5日間だったんだよね。
いきなり最後の場面、娘に電話するシーンから撮ったというエピソードも思い出した。

最後、地元出演者の方々の名前の中に、J友さんの名前を見つけてニンマリした。

そういえば、あれからJulieは映画に出ていない。
これからも、ピンと来るものに出あえたら、映画出演してほしいと思う。

« 9月のライブが終わる | トップページ | 今日から10月 »