« アンラッキーなのにラッキ− | トップページ | 高槻の続き »

2013年8月24日 (土)

高槻現代劇場

7月7日の岡山から一ヶ月半ぶりのJulieだったので、ステージの光の中に現れた時、ああ、Julieが好き〜という気持ちでいっぱいになった。

声の調子は最初から良かった。

変更になった「Rock 黄 Wind」はさらりと聞き流した。

Julieの声のシャワ−を浴びて幸せだった。

Julieが言う「シット曲」も素晴らしくて、今日は順調と思っていたら、最初のアクシデントが発生した。

新曲を歌おうとした時、下山さんのギタ−の音が出なかった。
それを直す間、Julieのちょっとした漫談タイムになった。
「漫談」は、Julieが自分で言ったのだ。

高槻芸術(間違えてこう言った)劇場というから新しいのかと思ったら、前の高槻市民会館と楽屋も舞台も客席もまったく同じだった!と、強く抗議(ジョークよ)していた。

眠くなった。続く。

« アンラッキーなのにラッキ− | トップページ | 高槻の続き »