« 名言もしくは迷言 | トップページ | あごあしまくら »

2013年7月 6日 (土)

Julieの歌の力

大阪フェスで、今年のツアー初日を迎えたが、それまでにすでにセットリストを知っていたので、曲に驚くことはなかった。
今年は、正月ライブと11曲も重なることも知っていた。

それなのに。

あらゆるところで感嘆した。
Julieの歌の力は素晴らしい!と改めて強く感じたのだった。

初発の感想で書いたとおり、とにかく新曲が特に素晴らしかった。
それだけではなくて、「Pray」の後の「溢れる涙」がすごくよかった。

「Pray」の感動はすごくて、鳥肌が立ったと書いた。
そんなすごい曲のあとで、「溢れる涙」は負けないくらいの感動ものだった。

何なんだろう? あの感動は。
新曲をのぞいて、4日の私の一番はこれかもしれない。

それ以外にも、正月にも聴いた「ハートの青さなら空にさえ負けない」が、またまた良かった。
正月の曲順まで一緒だった、「若者よ」から「愛まで待てない」のノリノリ4曲が、これまたなぜ同じなのに良いのかと思うくらいに良かった。

正月ライブでは2回しか聴いていないからかしら?
もっと聴きたかった気持ちが充たされたのかしら?

前半のヒット曲4曲の連続も、それこそ何度も聴いているのに素晴らしかった。
後ろの方から感嘆の声が聞こえてきた。

アンコールの全然動かないで歌ったバラード3曲が、最後しっとりした気持ちにさせられて心に染みた。

ね、つまり、全部良かったのよ。

ああ、素晴らしい、Julieの歌の力。何度でも言うわ。同じことを。

明日は岡山。
今日の高知から連チャンなのでちょっと喉が心配だけど、Julieは喉の調子に合わせて、その時の最高の歌を聴かせてくれるから、本当は心配することはないのだ。

つづくシアワセ…

« 名言もしくは迷言 | トップページ | あごあしまくら »