« 「太陽を盗んだ男」を観て | トップページ | Ustream(ユーストリーム) »

2013年5月20日 (月)

もう少し城戸先生

今日田舎へ帰った。
田舎には「太陽を盗んだ男」のDVDがない。
城戸先生にまた会いたかったが会えない。
ピクチャーフォルダにも「太陽を盗んだ男」の画像は全然ない。

それならば、検索してせめて写真で会おうと決めた。

検索開始。

何枚かをゲット。

Sun19 東海村の原発を背景にタイトルが浮かぶ。


Sun12 中学校の理科の先生。虚無的な表情が素敵。

Sun13 屋上の手すりの上でうさぎ跳びをしている城戸先生。絵になる。

Sun11 計画遂行。原発は原爆になる。

Sun17_3 この顔が素敵過ぎる。

原爆を作る時の作業に黙々と向かう姿が魅力的だった。

Sun10_3 Sun8 Sun15

Sun18_2 象徴的な画像。

Sun3 ゼロと出会うシーン。

ここから一気に飛んで最後の対決の場面。

Sun7 後ろの武道館が気になる。

Sun1_2 こういう場面があったっけ?

Sun16_3 なぜか白黒の画像。

Sun9_2 「いくぞ、9番」と屋上から飛び降りる寸前。山下警部、半分もう死んでいる。

最後の最後、原爆を持って街を歩く城戸誠。

Sun4 Sun6 Sun5

どう表現したらいいかわからないJulieの表情。

城戸誠は何を得て、何を失った?
得たものなんかない。
失ったものばかり。
城戸誠のブラックホールを飲み込んで、都会は今も巨大化している。
1発の原爆は、たった1発で、その都会を壊滅させる。
怖い最後のシーン。

« 「太陽を盗んだ男」を観て | トップページ | Ustream(ユーストリーム) »