« 長崎の情報 | トップページ | 沢田研二LIVE(ほぼタイガースライブ)in武道館 »

2013年5月 7日 (火)

Eテレ 団塊スタイル

録画しておいたピー出演の番組を、やっと今日視聴した。

さすがEテレ。内容が良かった。
興味深く最後まで見ることができた。

前から、「Long Good-by」にしても、ピーがメンバーと2008年に37年ぶりに再開する場面にしても、そこにトッポがいないのが片手おちのように感じていた。
トッポが好きではない私だが、再開の時にトッポに声をかけなかったのかしら、中井さんと不思議だった。

その辺りの事情は私にわかるわけがないが、ピーも本で何故トッポがいないのかと思ったと書いていた。

Julieは、そのあたりの認識が、トッポは万難排して駆けつけてくれる思ったのが甘かったと言っていた。
一番ネックはピーだと、私らも思っていた。
ピーの決意は固くて、二度と交わることはないと諦めていたのに、Julieの(あるいはJulie達の)粘り勝ちで、ピーはこだわりを解き放った。

しかし、トッポも待っていたのかもしれない。
ザ・タイガース再結成の前に、友だちとして声をかけてくれることを。

それをもJulieは解き放った。

手間のかかるお兄さんたちだこと。
まず、友だちから再スタートしなければ上手く行かないのね。

それが可能になってみれば、Julieの立場は微妙という…
きっと、サリーがわかってくれているよ。

結局、ピーを見ながら、Julieのことを考えているという、致し方がないJulieファンの私であったとさ。

« 長崎の情報 | トップページ | 沢田研二LIVE(ほぼタイガースライブ)in武道館 »