« 音楽劇後半へ | トップページ | Pray~神の与え賜いし »

2013年4月17日 (水)

瀬川亮さん

今頃だが、瀬川さんを検索。

言葉がはっきり聞こえて(みんなだけど)、小憎らしい秘書、雨宮役を見事に演じていた。

1978年10月19日生まれの34才。若い若い。
私の娘と同い年だ。びっくり。
もっと言えば、Julieの息子さんとも同学年になる。
昨年結婚されたばかりのようだ。

戦後闇市や詐欺であくどく稼いだという3人のワルの一人という役どころだが、年が離れすぎているなあと思った。
当時彼はまだ随分と若かっただろうに、悪知恵が働いて、おじさんたちと稼いだんだね。
ではなくて、実年齢より少し老けた役をしているんだね。

お芝居で感心したのが、話すときに、ハンカチを持って、唇の端をおさえるところ。
いかにも、この口で、これからいかようにも人を丸め込みますよという感じが出ている。

でも、初日の時にはそういう仕草はなかったように思う。
もっとも、私の記憶は不確かで、広島で気づいたのかもしれないが。

アキラ役の小飯塚貴世江さんとどっちが若いかなと思ったら、瀬川さんのほうが1年若かった。
ついでに、東風万智子さんとは1年上だった。
この3人偶然にも、1977年(小飯塚)、1978年(瀬川)、1979年(東風)のみんな10月生まれだった。

Julieの絶頂期に生まれたんだね。
とうぜん記憶はないね。
1978年生まれの娘が、Julieのことをよ~く知っているのは例外だから。

Julieのこと、どう見えるんだろう。
ちょっと興味がある。

« 音楽劇後半へ | トップページ | Pray~神の与え賜いし »