« いま、このときめきを | トップページ | 夜ヒット「どん底」 »

2013年2月23日 (土)

Julieのお母さん役

「小椋あずきの徒然草」を今日見ていたら、Julieのお母さん役が4回目だと書いてあった。
義母役が3回、生母役が1回。

まあ、そうなのと思って、プロフィールを見ると、1968年10月生まれとあった。
44才。

舞台って面白いね。
64才のJulieの義母役を44才の女優さんが演じる。20才若い母。
でも、観ていて全然ヘンじゃないから面白い。
舞台というのは異次元なのね。

今は、音楽劇の稽古真っ最中なのだろう。
スイカか何かを使って、Julieは電車で通っているのだろうね。
時間をかけて創り上げる舞台は、Julieの性に合っている。

私らは、出来上がるのを楽しみに待つのみ。

3月14日の初日の前、11日には新譜の発売が待っている。
楽しみが押し寄せてくる感じだ。
当たり前のことではない。有り難いことだと思う。

« いま、このときめきを | トップページ | 夜ヒット「どん底」 »