« 訂正と思い出しの続き | トップページ | ハートの青さなら空にさえ負けない »

2013年1月22日 (火)

さらさらヘアーに可愛いおつむ

まだ思い出すことがある。

走るとき、Julieの前髪がさらさらふわふわと揺れるのだ。
以前のライブでもそれを見つけて喜んだことがあった。
今回も、何の曲だったか、走る曲で、その前髪の柔らかそうな動きに見とれた。

Julieはお髭が一番白く見える。真っ白ではないのだけど。
前髪も白っぽい。色っぽいではない。
その前髪が長めで、走ると風を受けて揺れるのだ。やっぱり色っぽい。

時々、無造作に前髪をかき上げる仕草をする。髪は重要。その仕草が素敵だからだ。
Julieの髪がふさふさで本当に良かった。

2階の上の方からJulieを見下ろすような感じだったので、Julieのおつむがよく見えた。
髪は後ろの襟足辺りが一番黒い。
それにしても、なんて素敵な色合いだろう。
まさにロマンスグレイ。Julieはいつまでもロマンスが似合うのね。

それで、頭のてっぺんが時々よく見える。こういう席もたまにはいいものだ。
Julieのてっぺんはなかなか見られない。
あのつむじが好きと言われていたのは誰だっけか?
確かに可愛いのだ。おつむの形もよろしい。

神様は、隅から隅まで、手抜きなくJulieをお造りになったようだと、また改めて思ったのだった。

« 訂正と思い出しの続き | トップページ | ハートの青さなら空にさえ負けない »