« シングルの旅27「追憶」 | トップページ | シングルの旅28「愛の逃亡者」 »

2012年7月 1日 (日)

いつも歌があった

今日から7月。
今日は変な天気。土砂降りから晴天へ。

シングルの旅はちょっとお休み。
以前からJ友さんに頼まれていたことをやろうと思って。

それは、歌をテ−マにした歌を集めて、オムニバスCDを作るということ。

すぐに思い付くのは、「アイ・ビリ−ヴ・イン・ミュ−ジック」「夜汽車の中で」「叫び」「僕は歌うよ」。

この後は探さなければいけない。
それで、長いこと、手つかずのままだったけど、何故か急にやる気になった。

私には、強い味方のJ友さんがいて、頂いた資料をめくり、カバ−曲を探し、音源化されていない歌を何とかしてもらい、16曲集めることができた。

純粋に歌がテ−マの曲はそう多くはない。
しかし、歌はJulieの人生そのものだと考えれば、思い付く曲も増えた。

そして、タイトルを決めた。

「いつも歌があった」

次に、集めた16曲の順番を考えた。
こういうことは楽しくてならない。
結構考えて、今のところだがこう並べた。

01 OPENING~悲しみも歓びも
02 アイ・ビリーヴ・イン・ミュージック
03 今僕は倖せです
04 朝焼けへの道
05 君をのせて(1990年バ-ジョン)
06 僕は歌うよ
07 SONG FOR YOU
08 歌の贈り物
09 歌のある限り
10 夜汽車の中で
11 マンジャーレ!カンターレ!アモーレ!
12 希望
13 我が心のラ・セーヌ
14 遠い夜明け
15 いくつかの場面
16 叫び

これでいいか、よくよく聴こう。
もう少し時間が必要だ。
私にしては慎重だな。

聴いていて、一つ気づいたことがある。
集めた曲は、若いころか最近かどちらかだということだ。
若いころが多いけれど。
1977年から1996年までがない。
「君をのせて」は1990年バージョンを使ったが、曲そのものは若い頃だ。
「平和」をテーマにCDを作った時にも、同じような傾向だった。
その時は最近のが多かったけれど。

脂の乗り切った頃は、きっと違うテーマがあったのだ。「男と女」みたいな。
歌とか平和とか、シンプルすぎるほどシンプルな、純粋といえば純粋なテーマではない他の何かが。

一つ心配が。
私のことだから、たくさん見落としているような気がする。
でも、いいんだ。今回はこれで、きっと。

« シングルの旅27「追憶」 | トップページ | シングルの旅28「愛の逃亡者」 »