« JULIE ROCK'N TOUR '78 田園コロシアムLIVE | トップページ | JULIE ROCK'N TOUR '79 2本目 »

2011年8月14日 (日)

JULIE ROCK'N TOUR '79 1本目

79rockan パンフレットの表紙

これは2本組のカセットテープで発売された。
聴けたのは、「JULIE ROCK'N TOUR '78」よりも後だった。
これも聴きたくてたまらなかった。

1本目の収録曲

オープニング~So Glad To See You Here 
おまえのハートは札つきだ 
Juke Box Jive 
カサブランカ・ダンディ 
アムネジア 
TOKIO 
Red Summer 
危険なふたり 
花・太陽・雨 
Sunday Driver~ (バンド演奏)
トロピカル・ウィンド Summer 
翔べ〝スニーカー〟


これが’78に負けないくらいかっこよくて、かっこよくて。
考えたら、井上堯之バンドの演奏を聴けるライブ盤はこれが最後なんだ…
そう思うと、バックの音に耳が集中してしまう。

ギター:井上堯之、速水清司
キーボード:大野克夫、羽岡利幸
ベース:佐々木隆典
ドラム:鈴木二朗

1曲目はカバー曲だが、なんとまあ、かっこいいことよ!
日本語で歌っているが、日本語でOK。
誰のカバーか検索してみよう。

ポール・マッカートニーがビートルズ解散後に作ったバンド、ウイングスの曲だとわかった。
訳詞が誰なのかわからない。

収録曲をよく見れば、ほとんどオリジナルだ。
だんだん、オリジナル中心の構成になっていったんだ。
進化の姿だね。

4曲続けた後のMCで、Julieの挨拶。
「アホな歌手には アホなファン」なんて面白い事を言っている。

まだ発売になっていない新しいアルバム「TOKIO」の中の曲、りりィ作詞作曲の「アムネジア」がかっこよかった。
そして、「TOKIO」が、今聴く「TOKIO」より少しゆるい。

「コークッ!」で「Red Summer」を歌う。
コカコーラのCMソングを歌っちゃうのね。
ツアーの共催だったのかしら。

「花・太陽・雨」が素晴らしい。アレンジが壮大で繊細で。
演奏はもちろん素敵だが、コーラスがまた素敵。
バンドは演奏だけでなくて、みんなコーラスもできる。

タイガースはコーラスが素敵だった。
ほぼTGは、どんなコーラスを聴かせてくれるかしら。トッポ、シロー抜きで。
楽しみだ。鉄人バンドがいるからカバーはいくらでも出来るね。
鉄人バンドがまたコーラスが素敵なんだもの。

この後は、井上堯之バンドの演奏。歌もある。
3曲じっくり聴かせて、1本目は終わる。
この時は、まだ解散は決まってはいなかったのだろうな。

« JULIE ROCK'N TOUR '78 田園コロシアムLIVE | トップページ | JULIE ROCK'N TOUR '79 2本目 »