« A-LIVE Disc.1 続き | トップページ | 架空のオペラ’86 1枚目 »

2011年8月20日 (土)

A-LIVE Disc.2

82alive3 82alive4_3 82alive5

Disc.2を聴こうと思ったら、チケットが来た~
普通の会場なら場外でしょうという席だが、いいんだ。入れることがラッキーなのだ。

さて、チケットを手にしたから、安心して、A-LIVE Disc.2を聴こう。

収録曲

1. LOOK UP IN THE SKY 
2. BA-BA-BANG 
3. 野バラの誓い 
4. 生きてることは素敵さ 
5. 色つきの女でいてくれよ 
6. 君だけに愛を 
7. モナリザの微笑 
8. 青い鳥 
9. 花の首飾り 
10. 誓いの明日 
11. ラヴ・ラヴ・ラヴ 
12. 美しき愛の掟〈アンコール〉 
13. シー・シー・シー 
14. 十年ロマンス 
15. 色つきの女でいてくれよ

初めはDisc.1の続きで、シローのおしゃべりから始まっている。
軽妙だ。
羽田空港で、「イヤ~そんなんが入っちゃイヤ~」と絶叫された思い出を語る。
でも、シローの話は重くない。軽いのがいいね。

第2部。衣装を変えて登場だ。黒い衣装と言っている。
これは映像が見たくなったな。

新しいアルバムから5曲。
1. LOOK UP IN THE SKY:間奏で「ヘイ、タロー」の声。タローのギターが鳴り響く。
2. BA-BA-BANG:Julieがピストルを撃つポーズで歌うんだよね。
3. 野バラの誓い:シローのソロ。途中でトッポのソロも入る。
4. 生きてることは素敵さ:トッポのソロ。トッポの詞が素直で素敵。
5. 色つきの女でいてくれよ:ヒット曲。 リードギターはタローだという。

JulieのMC。
「皆さんの力で1等賞にならしてもらいたい。レコードを2枚買おうという運動を繰り広げたい。シローと相談して決めたんですけど。今月の目標、『色つきの女でいてくれよ』を1等賞にしよう。みなさんよろしくお願いします。」

大ヒットメドレーへ突入。

6. 君だけに愛を:ピロ~ンとギターが鳴った途端の悲鳴。Julieの黄金の指炸裂。 
7. モナリザの微笑:一緒に歌いたくなる。Julieの甘い声が曲にぴったり。 
8. 青い鳥:最初のソロ♪青い鳥青い鳥♪を会場が歌っている。2回目はタローだ。いい感じ。 
9. 花の首飾り:ああ花の首飾りとは…誰の曲なのだろう。トッポの曲なのかTGの曲なのか。

本編最後の前の曲は、「誓いの明日」だ。
若者は明日に向かっていく。年を重ねてもやはり人は明日に向かっていく。
明日も明後日も時間や場所や肉体の制約のなくなった中井さん、自由になった今こそTGの明日をよろしくよろしくお願いします。

またお願いしてしまったわ…

そして、いよいよ本編最後は、やはりこれだ。「ラヴ・ラヴ・ラヴ」。
感動的な歌声、演奏。
全てのこだわりをとかして、歌通りの愛の世界の中で輝くタイガースが見たい。
歌の神よ、TGに微笑んで下さい!

興奮の中のアンコール1回目。

12. 美しき愛の掟:Julieの声が艶やかで伸びやかで心奪われる。
13. シー・シー・シー:「手拍子3つ」というJulieの指導で始まる。間の「シー」で全員の名前を叫ばせる。そのときはやっぱり「トッポ」だった。当然だよね。大盛り上がりでアンコール1回目終了。

更に大興奮のアンコール2回目。

14. 十年ロマンス:最後の最後は同窓会タイガースの曲でしめる。 

メンバー紹介。
「また明日からがんばって生きていって下さい。ありがとう!」とJulieの叫びで終了。

アンコールの嵐で3回目の登場。
「1等賞にしてください!これしかないねん。1等賞にしよう~!」というJulieの叫びで、再びこの曲。
15. 色つきの女でいてくれよ:1等賞にはならなかったけど、大ヒットしていい思い出になった。

「タイガースのことを覚えといてください!バイバイ~」

終わった。
熱くて楽しくていいライブだ。
同窓会を経験していない私は、1970年にタイガースライブに行ってから、41年ぶりの生タイガースに興奮は抑えられない。

後19日。

« A-LIVE Disc.1 続き | トップページ | 架空のオペラ’86 1枚目 »