« 人間60年 ジュリー祭り 第2部Disc.1 | トップページ | 人間60年 ジュリー祭り 第2部Disc.3 »

2011年8月31日 (水)

人間60年 ジュリー祭り 第2部Disc.2

衣装替をしたJulieが登場。

08123dome601

バラードで始まる。
深い愛の歌3曲。
「ユア・レディ」は、1973年のリサイタルで歌ってから、35年経ったね。

収録曲

1.Don't be afraid to LOVE(91)
2.約束の地(92)
3.ユア・レディ(73)
4.ロマンスブルー(08)
5.TOMO=DACHI(08)
6.神々たちよ護れ(08)
7.ス・ト・リ・ッ・パ・ー(81)
8.危険なふたり(73)
9.おまえにチェックイン(82)
10.君をいま抱かせてくれ(94)
11.ROCK'N ROLL MARCH(08)

08123dome691

アルバム「ROCK'N ROLL MARCH」からの曲、昔のヒット曲、それ以外の曲をうまく絡ませて、快調に歌っていくJulie だった。
私は全部知っている曲だったが、たとえ知らなくても知っていても、そういうことはもうどうでもよくなっていく2部だったと思う。
60曲を超えて、Julieが最後まで歌いきってくれることだけをみんなが願っていたような気がする。

本編最後は「ROCK'N ROLL MARCH」。
ふと、このCD集のサブタイトルを思い出した。
「沢田研二 ザ・タイガースから今日まで ROCK'N ROLL MARCH」。
2008juliematuricdsyu

つまり、ザ・タイガースから今日まで、ずっとROCK'N ROLL MARCHで来たってことだ。
音楽的なことは全然わからないが、気分は分かる。
バンドをバックに、バンドと一体となって歌い続けたってことだよね。

ああ、その始まりのザ・タイガースにもうすぐ逢える。
結果的に、鉄人バンドも一緒というのが、実は非常に嬉しい。

「ROCK'N ROLL MARCH」が、69曲目。ロックだ!
このCDでは、Julieは、メンバー紹介以外、「ありがとう サンキュー アリガトーネ」しか言わなかった。

« 人間60年 ジュリー祭り 第2部Disc.1 | トップページ | 人間60年 ジュリー祭り 第2部Disc.3 »