« 人間60年 ジュリー祭り 第1部Disc.2 | トップページ | 人間60年 ジュリー祭り 第2部Disc.1 »

2011年8月29日 (月)

人間60年 ジュリー祭り 第1部Disc.3

Disc.3へ。第1部はまだ16曲残っている。

「いっちゃうぞ~」で、「単純な永遠」が始まる。
「ジュリーマニア」でも本編最後で歌ったね。
Julieの精神にぴったり合う曲が続く。
21世紀に作られた曲ばかり6曲続く。

収録曲

1.単純な永遠(90)
2.届かない花々(04)
3.つづくシアワセ(02)
4.生きてたらシアワセ(07)
5.greenboy(05)
6.俺たち最高(06)
7.睡蓮(03)
8.ポラロイドGIRL(89)
9. a.b.c...i love you(90)
10.サーモスタットな夏(97)
11.彼女はデリケート(80)
12.君のキレイのために(00)
13.マンジャーレ!カンターレ!アモーレ!(97)
14.さよならを待たせて(95)
15.世紀の片恋(00)
16.ラヴ・ラヴ・ラヴ(69)

7曲目の後に短いMCがある。
曰く、「頭がパッツンパッツンになってきました」
と言いながら、「今度はノリノリでいくぞ~!」と更にヒートアップを宣言する鉄人Julie!

そういえば、この「今度はノリノリでいくぞ~!」を京セラドームでも言ったのだけど、言う所を間違えたんだよ、Julie。
確か、「単純な永遠」の前に言ったんだった。
Julieがノレって言ってるから、私は?となりながらノッたわよ。
あとで間違えたと自分で笑っていたよね。

ノリノリ曲は、「ポラロイドGIRL」から「マンジャーレ!カンターレ!アモーレ!」までの6曲。

「彼女はデリケート」の後、Julieが明るく元気に、「ボロボロ~!ボロボロ~!」と叫ぶのが好きだ。
歌詞間違いも笑って吹き飛ばすみたいな豪快さが気持ちいい。
でもやっぱりJulieには、そんな中にも可愛さがあるんだな。

とにかく、ドームのJulieは大きかった。
どうなっても動じないという肝が据わっていた。
いつの間にか、Julieはそういう大きな人間になっていたのだね。

ノリノリの後で、バラード「さよならを待たせて」をじっくり聴かせた。
京セラの時、私はこれで前半終了と思った。
そうしたら、もう一度、走り曲が来た。
まだ走るかと驚いた。それが、「世紀の片恋」。
そして、1部の最後に来たのが、「ラヴ・ラヴ・ラヴ」というわけだ。

08123dome426

感動したわ。大コーラス隊が現れて、会場はLの字の波で。
私は念願だったLの字を作ることができた。
今、またPCの前でやってしまったわ。

この後、余韻の冷めぬ間にサインボールを投げるとは、Julieの言うとおりJulieらしくないことをしたわね。
「手伝って」とバンドのみんなに言うJulieが可愛い。

1部終了。42曲。休憩なしでここまで歌った。すごい。
この後の休憩はわずか30分。

« 人間60年 ジュリー祭り 第1部Disc.2 | トップページ | 人間60年 ジュリー祭り 第2部Disc.1 »