« THE TIGERS SOUNDS IN COLOSSEUM Disc.1 | トップページ | THE TIGERS FINALE »

2011年7月28日 (木)

THE TIGERS SOUNDS IN COLOSSEUM Disc.2

今年のツアーに仙台が追加になったというニュースを目にした。
オフィシャルサイトにも出てなくて、北関東東北の会員のみにお知らせが送られてきたらしい。
ほんわかと嬉しくなった。

(追記:オフィシャルサイトをさっき見たら、ちゃんと書いてあるじゃないですか!私何を見ているのでしょう。恥ずかしいわ)

さあ、今日も元気にJulieを聴こう。
今はタイガースだけど。
田園コロシアムライブの2枚目。

Disc.2はタイガースのオリジナルが中心だ。
まず「都会」から。
後期のタイガースの曲もいい曲がいっぱい。
「都会」もいい曲。

オリジナルメドレーでは、「花の首飾り」→「坊や歌っておくれ」→「モナリザの微笑」→「青い鳥」→「坊や歌っておくれ」の順に歌われる。
ここでは「坊や歌っておくれ」になっている。
ビバリーでこの曲を紹介したとき、Julieは「坊や祈っておくれ」と言った。さて、正解は?
このレコード化されなかった曲を、他のヒット曲を挟むように2回歌っているというところに、タイガースの意気を感じる。
これは、秋からのツアーで、歌うだろうね。というか、歌ってね。お願いします。

「スマイル・フォー・ミー」。
さすが若いJulie、最後の高音部を軽々出しているわ。

「散りゆく青春」。
この時の大合唱はいつ聴いても鳥肌がたつ。
秋からのツアーでも、この曲を一緒に歌いたい。
是非歌って欲しい。

「美しき愛の掟」。
Julieファンが大好きな曲。私も大好き、大好き
ギターが情熱的。もちろん、今年歌ってくれるよね。

シローがまた活躍。「想い出を胸に」。一服の清涼剤のよう。

「ヘイ・ジュテーム」「エニーバディズ・アンサー」「ハート・ブレイカー」の連続はたまらない。
「美しき愛の掟」と同じく、乙女心わしづかみの曲。
Julieの魅力が炎のように会場を熱くする。悲鳴のような歓声が上がる。
熱唱、熱演。タイガースはスゴイ。また鳥肌が立った。
最後力尽きたような「サンキュー」にキュンとする。
出来ることなら、乙女になって、あのJulieの歌声を浴びたいと思っちゃう。

最後の3曲は、「素晴しい旅行」「怒りの鐘を鳴らせ」「ラヴ・ラヴ・ラヴ」。
後期タイガースの曲はやっぱりいいね。

最後の挨拶は、何度も聴いているのに、やっぱり、その時のJulieの純な気持ちに感動してしまう。ああ、Julie~

聴き応え充分なこのライブ盤。
タイガースのオリジナルアルバム2枚はもちろんいいけど、タイガースの魅力を知るには、ライブ盤がいいと思う。

« THE TIGERS SOUNDS IN COLOSSEUM Disc.1 | トップページ | THE TIGERS FINALE »