« sur(ルーシュ) | トップページ | サーモスタットな夏 »

2011年7月 7日 (木)

愛まで待てない

今日は七夕だけど、雨模様。
来年まで待ってね。織り姫と彦星。待てないですか?

さて、今日は「愛まで待てない」なのだー
前作「ルーシュ」に続いて、作詞作曲編曲が同じような人たちだ。
吉幾三と玉置浩二が、違う味わいを出すアクセントのようにいる。
もう一人、萩京子という初めて見る人が作曲者の中にいる。

ふと思った。
Julieがプロデュースするとき、どういうコンセプトで10曲を組み立てたのだろうかと。

アルバムタイトルの「愛まで待てない」がコンセプトかな。
よく分からないわ。
考えないことにしよう。

「嘆きの天使」は、私の想い出のライブ「LOVE&PEACE」の後半の最初に歌われた。
歌詞にはない、「ああ」がたまらなく胸に響いた。
だから、アルバムを最初から聴かずに、いきなり「嘆きの天使」を聴いた。
そして、聴いた途端、その声の魅力に驚いた。

ええっ?毎日聴いているのに!
何で今更感動するのだろう。

私は忘れていた。
Julieの歌声は毎年同じではないことを。
進化することを。

では、1曲目から聴こう。

「愛しい勇気」
思い出した。「歌門来福」で聴いたばかり。
なんて素敵な歌だろう。
愛しい勇気をアリガトウと言いたくなる。
ウオ ウオ ウオで拳を振り上げてしまった。

休まず「愛まで待てない」
ドームの最後80曲目の歌!

初めの2曲で、ライブなら会場は大盛り上がり。

ほとんど間をおかず、すぐに3曲目「強いハート」へ。
ライブのノリだな、このアルバム。

「愛しい勇気」と「強いハート」で「愛まで待てない」なんだ。(なんだそれは)

4曲目で一息つく。
が、3曲目との間はやはり短い。
続けて聴いたら、演歌っぽいこの曲もいいじゃん。

大村さんと白井さんの編曲・ギター演奏が交互だ。
二人のギターの区別は私にはつかないけど。

そして5曲目が「嘆きの天使」。
キーボードが美しく響く。
編曲が小林信吾さんだからか。
コーラスは伊豆田さんだし。

ここまで、すっかりライブ感覚で聴いている私。

後半は、6曲目「キスまでが遠い」から。
これもいきなり盛り上がるよね。

そして、妖しげな「MOON NOUVEAU」へ。
Julieの作詞だよ。
Julieの声がいいよぉ~
今歌ってくれたら、「月 月 月 月 君こそが月」で、Julieを指さしてあげるわ。
ライブで歌っておくれ~

8曲目「子猫ちゃん」
コーラスがSHINICHI ICHIKAWAって、依知川伸一のこと?
まあ、依知川さんをこんな所で見つけちゃったわ。

9曲目、名曲だ。「30th Anniversary Club Soda」
いつまでも、節目ごとにJulieは歌うだろう。
覚さんは、本当に名作をたくさんJulieに残したね。
コーラスが面白い。
依知川伸一、吉田光、そして、なんと、覚和歌子とあるじゃない。
びっくりした~

締めは「いつか君は」
♪いいよ こんなに愛せたから♪
ここはいつもジ~ンとする。

余韻を残してライブ終了。そんな感じのアルバムだった。
ライブ感覚、これがこのアルバムのコンセプトか?

« sur(ルーシュ) | トップページ | サーモスタットな夏 »