« THE TIGERS ON STAGE | トップページ | THE TIGERS SOUNDS IN COLOSSEUM Disc.1 »

2011年7月26日 (火)

CHARITY SHOW LIVE

今朝、サボテンの花が咲いていた。
初めて咲いた。白くてとても綺麗だ。
何かいいことがありそう。

さて今日は、1967年12月13日に行われたチャリティーショーからのライブ音源を聴いた。
私がやっとタイガースを知った頃だ。
こういう魅力的なライブをやっていたのね。

6712tgcharitylive1 6712tgcharitylive2

「THE TIGERS ON STAGE」を昨日聴いた時に、他にはどんな曲をしたのかしらと気になったが、もしかしたら、ここでの曲がそうかもしれないと思った。
同じ年の8月と12月だもの。

同じなのは、「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」と「タイガースのテーマ」と「ダンス天国~ラ・ラ・ラ」とオリジナル3曲と「ローリング・ストーンズ・メドレー」だ。

後は違うから耳をすまして聴いた。

迫力満点の「サティスファクション」。カッコイイ
あああ~んって、Julie、すでに色気が漏れている。

「ラスト・タイム」はサリーのリードボーカル。
サリーのシャウトもスゴイ。

「マイ・ガール」「ニューヨーク炭坑の悲劇」。
好きだったこれらの曲。
タイガースも聴かせてくれる。

「オーケイ!」はピーのソロだけど、トッポが紹介しているのは、きっと、Julieがドラムの所へ行ったからだわね。
ドラムの音に耳をすませてしまう私。

続けてトッポが曲紹介。今、ピーとJulieが交替したのね。
なんと、「ブルー・シャトウ」を歌っている。どうして~
ブルーコメッツと違って荒削りがいいわ。

もう1曲「ホリデイ」が前のアルバムになかった曲。
ビージーズは、私は好きだったのでレコードを買っていた。
ビージーズはトッポの専門みたいに歌っていたね。

サリーもピーもトッポもソロがあるのに、タローだけここにはない。
ちょっといけないわよね。

このころのJulieの声は、かわいそうなくらいハスキー。
きっと喉を酷使していたのね。

「シーサイド・バウンド」がやっぱり楽しいわ。
これ今年のツアーでも楽しみ。
奇声や掛け声や動きや見所聴き所満載。

ところで、私が持っているこのCDは、最近手に入れた物で、このライブが聴きたかったから購入した。
ちょっと調べたら、タイガースのCDって山のようにあるのね。
同じような感じだけど、未発表曲があったりで、どれだけ商売になるのって思った。
やっぱり、ザ・タイガースというバンドはすごいらしい。
何の宣伝をしなくても、今年のツアー、sold out という文字があちこちで見られる。
私の夢の一つは、Julieのライブが各地で sold out になることなのだ。
今年は、ほぼタイガースだからなあなんて、Julieファンの私は思っちゃったりしちゃったりしちゃうのだよね。

« THE TIGERS ON STAGE | トップページ | THE TIGERS SOUNDS IN COLOSSEUM Disc.1 »