« G.S.I LOVE YOU | トップページ | THE TIGERS 1982 »

2011年6月19日 (日)

STRIPPER

もう、カッコイイ、カッコイイ、カッコイイ~

相当に好きなアルバムだ。
ああ、このLPがあればな。
あのセクシーなジャケット写真が大きく見られるのに。
これの写真集のような歌本もあるのね。持ってない。残念。

録音はロンドン。演奏はEXOTICSと、外国の有名なミュージシャン(知らないけど)。

あっ、今思い出した!
歌本は持っていないけど、ライブツアーのパンフレットを持っている!
もちろん当時から持っていたわけはなく、オークションで落としたものだ。

久しぶりに見るぞ~

Julieだけでなく、EXOTICSのメンバー一人一人、見開きのページを使って紹介してある。

沢田研二 ボーカル
Img

吉田建 ベース バッキングボーカル
Img_0001

柴山和彦 ギター バッキングボーカル
Img_0002

西平彰 キーボード ピアノ
Img_0003

上原豊 ドラムス
Img_0004

安田尚哉 ギター バッキングボーカル
Img_0005

この順番で、生年月日や出身地・血液型・身体のサイズなどが紹介してある。
Julieのはないけど。
カズさんは、血液型分からないと書いてあるわ。
これは、単なるバックバンドの扱いではない。
Julieの仲間、Julieはそのボーカルという扱いだ。

これもまた、Julieの歴史の大切な一時期。
CO-CoLO時代の前のEXOTICS時代と言っていいかな。

このアルバムの曲は全曲お気に入りだけど、「FOXY FOX」が特に好き。
語尾を投げ捨てるような歌い方が、ものすごくカッコイイ。
これから先、ライブで歌うとは到底考えられないから、アルバムで聴くしかないよね。

« G.S.I LOVE YOU | トップページ | THE TIGERS 1982 »