« TRUE BLUE | トップページ | 単純な永遠 »

2011年6月30日 (木)

彼は眠れない

今日で6月が終わる。
梅雨明けはしていないのに、入道雲がモコモコとまるで真夏だ。暑い~
Julieの誕生月をお祝いする「勝手にJulie祭り」も、一応今日で終わり。
あっという間の1ヶ月だった。
私は6月中、ずっと夏風邪だった。
やっと、治ってきたみたい。

今日のアルバムは、ちょうど30枚目で、1989年の「彼は眠れない」。

これは今世紀になって聴いたアルバムだが、それなりの新しい想い出がある。

ネットをし始めた頃のことだ。
沢田研二で検索をする。
時間制限があったので長くはできない。

そんな頃、検索でヒットしたのか、どこかで紹介されていたのか忘れたが、あるサイトにたどり着いた。

ロックジェットWEBcolumn
大黒屋PLESENTS 短期集中連載「沢田研二の毒」
(ご本人の弁に寄れば、ジュリーマニア養成講座だそうだ)

詳しくなぜ覚えているのかというと、印刷してまだ持っているからだ。
何かの裏に印刷して字も薄いが、まだ読める。

私はこれを何度も何度も読み返した。

その第1回入門編が、「彼は眠れない」だった。

このサイト、まだあるかと思って検索したが、見つけられなかった。

第1回の掲載は2001年6月27日になっている。
私が印刷したのは、2002年1月10日だ。

全部書いてみる。

2001/6/27 第1回 入門編 「彼は眠れない」('89)
2001/7/10  第2回 宣伝編 「新しい想いで2001」('01)
2001/7/31 第3回 初級編 「単純な永遠」('90)「パノラマ」('91)
2001/8/17  第4回 意外編 「Beautiful World」('92)
2001/9/9    第5回 中級編 「ルーシュ」('95)
2001/10/7  第6回 心の準備編 「愛まで待てない」('96)
2001/10/31 第7回 上級編 「サーモスタットな夏」('97)
2001/11/20 第8回 上の上級編 「第六感」('98)
2001/12/15 第9回 超上級編 「いい風よ吹け」('99)
2001/12/28 最終回 マニア編  「耒タルベキ素敵」('00)

書きながら今頃気付くのは、93年と94年がないって事だ。
「REALLY LOVE YA!!」「HELLO」は割愛と書かれてある。許せ、ジュリーだって。

それはいいとして、私は、Julieの新しいアルバムを10年近くほとんど聴かなかった時があって、これを何度も読んで、今で言う「ジュリ勉」をした。

当然読めば聴きたくてたまらないわけで、怒濤のJulie音源集めに奔走する。
集めたのはCDばかりではなくて、ビデオ、DVD、雑誌、写真集、本類もあるから大変だった。

このように、2002年から私は未聴のアルバムを集め始めた。
まず手に入れたのが、評価の高かった「彼は眠れない」と「G.S.I LOVE YOU」だった。

まだ今でも買えるのかとアマゾンへ行ってみたら、私の購入記録が残っていて驚いた。

お客様は、2002/3/4にこの商品を注文しました。

代引き手数料も入れて、2302円で買っていた。
そうか、いついくらで買ったか全部分かるのね。へえ~
今は中古品しかなくて、6000円以上している。高いなあ。

「彼は眠れない」は、前作「TRUE BLUE」とがらりと様子が変わった。
1989年は、またJulieが新しい扉を開けた年だった。公私ともに。
日本は昭和から平成へ。
世界は、ベルリンの壁が壊された年だった
Julieと世の中の変化が、あんまりぴったりなので驚いてしまう。

そういう記念碑的なアルバムだが、もうヒットすることはなかった。
本当に豪華で意欲作なのに。

久しぶりに聴くと(いつもこればかり)、音楽的なことは分からない私でも、クオリティが高いと感じられる。
Julieは、どんどん上手くなって素晴らしい歌声だ。
艶があって伸びやかで、どんな楽曲も軽々と歌いこなしている。
どの曲も素晴らしい。
ロックからバラードまで、全ての曲がシングルになりそうだ。
やはり、多くの人が高く評価するだけあって、名盤だ~

告白すると、あまり好きじゃなかったのよ。
なぜかしら。
きっと、素のJulieからまた少し遠ざかった感じがしたからだと思うのだけど。
でも、今聴いていて、惚れ惚れする。
聴かないのはもったいない。

もし、離島に5枚だけ持って行っていいと言われたら、これを入れよう。
「Julie」「架空のオペラ」「彼は眠れない」「ROCK'N ROLL MARCH」

後1枚は…

「耒タルベキ素敵」か「ス・ト・リ・ッ・パ・ー」か「G.S.I LOVE YOU」か「チャコールグレイの肖像」か…ああ迷う~良いのが多すぎる~

でも、今は、小さな音楽機器に何曲でも入るのよ。フフ
昔じゃないのだから。
馬鹿なことを考えてしまったわ。
だから、全アルバム全曲持って行くよ~

お馬鹿な絶叫で6月が終わる。

« TRUE BLUE | トップページ | 単純な永遠 »